忍者ブログ
理想はシンプルな生活。かわいいものや 美味しいものが大好きなので無理なようだわ。
[18] [17] [13] [12] [11] [7] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


>「ダッタン人の踊り」 藤澤ノリマサ
4月のある日、夕方の番組(ぐっさんとベッキーのだったか)を
見ていたら、エンディングでこの曲のPVが流れました。
何か聞いた事がある曲。
でも歌詞をつけるとこんなに胸をうつ、感動的な曲になるのか?
そしてこの歌手は何者?うまい。オペラ系の人間?

ネットで探したところ、北海道出身の藤澤ノリマサという人の
デビュー曲で、4月30日にCDが発売とのこと。
待ちましたよ。
結局手に入ったのは、5月の連休になってしまいましたが。

オペラとポップスの融合。
伸びのある声、テノールもソプラノもこなす声域の広さ。
私の大好きなQUEENの亡き・フレディに近いものがあります。
「ダッタン人の踊り」は、ロシアのアレクサンドル・ボロディン作曲で
歌劇「イーゴリ公」第2幕の曲だそうです。

ところで、
ダッタンというので思い浮かぶのが、韃靼そば。
韃靼そばは、中国の雲南省・四川省でとれるそばらしい。

ダッタン人を検索すると、ロシア国境近くのモンゴル系の民族で、
タタール人ともいう。


この曲の歌詞に

この世界が滅びて 最期の輪舞曲 踊る日が来ても
あなたへの愛は幾千の 時をかさねて ここに刻まれる
消えることなく 永遠に

という歌詞が胸に突き刺さります。

いろいろ調べたら、
このダッタン人というのは、誤訳で?
本来は”ポロヴィッツ人の踊りと合唱”と訳するらしいです。
ポロヴィッツ人は南東ヨーロッパの遊牧民で、
ダッタン人=モンゴルタタールに征服されてしまったという。
この12世紀の出来事も、今現在のチベットやウィグルにしても
武力で制圧征服された民族は、滅びの道をたどる運命なのでしょうか。
この歌の歌詞に、悲哀とはかない希望を感じて
涙が出てしまいました。


最近はいいな~という歌がありませんが、
近年のヒット曲SEAMO「マタアイマショウ」以来の
感動した曲です。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 高菜]
[03/11 NONAME]
[02/25 高菜]
[02/25 NONAME]
[02/24 NONAME]
最新記事
(02/27)
(02/22)
(02/05)
(01/30)
(01/29)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
高菜
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
テディベア・ミニチュア好き・昼寝
自己紹介:
広島市在住。ギョーザの街・宇都宮出身。
栃木・東京・熊本・福岡・広島と渡り歩くが、
福岡県には19年住んだので
年数が出身の宇都宮と拮抗。
自分がどこの人かわからな~い。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報